FC2ブログ
さぼてんの花~ひっそりと咲く小さな花のように~ ホーム » イラスト »ロマサガのイラスト

ロマサガのイラスト  

ロマサガ

ロマンシング・サガっていう昔のゲームのイラストです。

初代はスーパーファミコン、二代目はワンダースワンでした。内容は全く同じだったように思います。

イラストをどっかからひっぱろうにも、古すぎてどのサイト見ても存在しませんなんですよね。
それで描いてみたけど、うろ覚えなので衣装とか全然違うかもしれません。

このアイシャとジャミルのコンビは、8人いる主人公の中で最弱だったような気がします。
私は魔法型や弓や短剣使いが好きだったので、この最弱パーティーからはじめました。
それから、同じ地下水路で延々とレベルアップをしていました。
昔は、ガイドブックを読みながらゲームをしたくないと思っていたんです。
今もそうですけど、どのゲームもシステムが複雑でガイドブックなしでは進みません。

ロマサガは同じ場所で何十時間もレベ上げしたりしました。
謎解き系は弱いんで、ちっとも先にストーリーが進まなかったりで・・・
でも、それが楽しかった。
考えてみたら、私たちって不幸ですよね。
昔の人は、世界がどんな形か知らないで生きてました。
地動説が出るまでは天動説、空が回っていると思っていた人たちもいました。
知らないものって、面白いじゃないですか。
見えてるけど、遠くにあってわからないものを見に行くってわくわくしませんか。

昔は自分たちの力で知って、なんでも自分で考えて生きていた。
きっと苦労もいっぱいあったろうけど、あの海の向こうにはどんな世界が広がっているだろうなんて考えたら、すごく面白かったでしょう。
空の星を見ながら、あの光る物体は何なのか想像したら、どんなに楽しいでしょう。

私たちは何でも知っている。
どこかの誰かの発見した事を本や教科書で教えられて・・・・・・
自分では何一つ発見できないで、人の作った地図を頼りに歩くだけ。
地球は丸くて太陽の周りを回っているなんて、教えられて信じているだけ。

せめてゲームの世界くらいは、自分の力で歩きたい。

・・・・・・・・なんて、カッコつけですけどね(笑)
関連記事
スポンサーサイト



category: イラスト

thread: つぶやき

janre: 日記

tb: --   cm: 4

コメント

哲学的なお話ですねコレ
考える、故に、我有りでしたっけ

私は常にどうやって稼ごうか
何か無いか、誰も手をつけていない事は無いかと
考えていますが、なかなか難しいですねぇ
こうやって歳を重ねて
何も見つけれないまま終わるのかなぁ、、と


ちなみに私は
アルベルト&シフでプレイしてました〜

マキさん #- | URL
2014/09/22 04:28 | edit

Re: マキさん


お金儲けも一つのロマンですね〜。

昔、りぼんという少女漫画雑誌を読んでいましたら、少女漫画でありながら落書きみたいな絵、怠け者でだらしなくてずる賢いけど、どこか抜けていて憎めない新しいタイプのヒロイン、根暗でひねくれ者だった私を爆笑させたギャグの鋭いセンスを持った漫画家が、投稿漫画賞で大賞に次ぐ準りぼん賞を取りました。
その後その賞を取った漫画でデビューした漫画家は、アニメ化で爆発的なヒットを当てて、今や大金持ち。
これ、ちびまる子ちゃんの作者、さくらももこさんのお話なんです。
私も漫画で一発当てて儲けたいなあ〜、夢がありますよね。

米田米子 #- | URL
2014/09/22 06:59 | edit

こんばんわ!

うろ覚え・・・なのに、すごくうまいですね。
そんなゲームありましたね。
マンガ雑誌のリボン、懐かしいです!
毎月買っていました・・・。!ノスタルジー、有難う御座いました。ワンポッチです。

SarayoSaijyou #- | URL
2014/09/22 18:04 | edit

Re: こんばんわ!

ありがとうございます。
上手いような下手なような微妙さが味だと思っております(笑)
さくらももこさんは準りぼん賞取った時から、すごい才能を感じました。自分が見込んだ人が大物になると、なんだか自分の事のように得意になったりします。
オリンピック選手の近所の家に住んでる爺さんみたいな感じです(笑)

米田米子 #- | URL
2014/09/22 19:36 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ウキウキ☆同棲時代

アクセスカウンタ

カテゴリ

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop